来店型保険代理店のコマーシャルがテレビやネット上で多数配信されている事は、「そういえば」と漠然とお気づきかと思います。
そこで必ずと言って良い程出て来るセリフが「生命保険の見直し」なのです。

一昔前の生命保険契約は契約満了時期が近づくと、担当者が訪問や郵送で設計書を何冊も届けて更新を勧めるのが一般的でした。
そして契約者の多くは漠然と「年齢が高くなれば保険料負担も大きくなる」事を既成事実と認識し、黙って受け入れるスタンスが当たり前の感がありました。

ですが保険商品の販売スタイルや沢山の情報配信から、今日私達は自身が契約している生命保険を見直す事を知っています。
そこでポイントとなるのが「生命保険見直しの2ステップ」なのですが、この2つの段階をキチンと把握している人達はまだまだ少数派だと思われます。

簡単に言えば「自分の世帯家族構成を確かめてそこから選ぶ」のが第1段階に該当します。
具体的どれくらいの保障金額がどの時期まで必要なのか、自分達家族の未来へのライフプランをシュミレーションしてそれらを確認する作業を行う事が求められます。
次にいよいよ「どの保険商品に加入するかを選ぶ」という第2段階に進む事になります。
色々な情報を収集して複数の保険会社の商品の特徴メリットを比較検討するのも一案ですし、冒頭で触れた来店型保険代理店へ足を運んで専門家のアドバイスに耳を傾けるのも有効ですし、下記のようなサイトを活用してみるのもいいでしょう。
保険 比較

皆さんの今後にマッチした保障内容を適正に付保する契約が出来れば、結果的に保険料負担面もロス無く経済的に安心を得る事が出来ます。
生命保険見直しに際しては、今回触れた2ステップをしっかりと押さえた上で十分に検討される事が大切なのです。

by | Categories: 未分類 | No Comments

生命保険を選ぶなら確実な保険を選びたいですよね。
勿論、生命保険に加入したら見直しは必要になりますが、見直しの時でもちょっとで済む、それくらい内容に満足する保険にしたい。
生命保険の見直し

そう思うなら保険選びの究極のコツを教えましょう。
それは、保険の専門家にアドバイスしてもらう事です。

保険の専門家と言うのは、現在保険分野で頼りになるFP(ファイナンシャルプランナー)を指しますが、コスパの良い生命保険にしたいならFPのアドバイスは、必要不可欠といってもよいでしょう。
保険は本当に様々です。

生命保険、医療保険、終身保険、学資保険等、また保障内容も多いので何が自分に適応するのかは、決められません。
また、契約者側の環境もそれぞれですから究極の保険でなくでもアドバイス無しでは、難しいでしょう。

日本には、現在保険会社が40社以上あり、その上保険商品は1,000種類近くあります。
インターネットで見積もりを頼んだとしても、自分に合う保険が見つかるのは相当な時間を要します。
と言うよりは、調べている途中でギブアップするのではないでしょうか。

保険選びで近道したいならFPに任せるのが1番ですが、FPに保険をお願いした後に自分の状況が変わった場合は、次は誰に言えば良いのでしょうか。
保険は加入したら終わりではありませんから担当FPと信頼関係を築く事をオススメします。
信頼があるなら何かあった時に直ぐに相談出来るでしょう。これほど心強い味方はいません。

by | Categories: 未分類 | No Comments

生命保険会社の支払余力(ソルベンシーマージン)ってご存知ですか?
専門用語なので知らない方が多いのは当然だと思いますが、支払余力を指しています。
生命保険会社は、加入されている方の将来を預かっているのでその際に伴う準備金を積立てておき、如何なるリスクにも万全に対処出来るようになっていますが、この先何が起こるかは分かりません。
例えば、大規模な災害や株の大暴落と言った想定外のリスクが伴った場合は、ソルベンシーマージン比率で判断するのです。
ソルベンシーマージン比率は、保険会社の格付けデータの判断材料としても知られています。
ソルベンシーマージン比率が高ければ高い程、支払余力への不安が低下しますから、200%超えていればその保険会社は安心だと言われています。
逆に200%下回っていれば、監督当局から経営状態を早期に改善するよう何らかの対策がとられます。
万が一、200%下回った場合は、早めに保険を解約する等の手続きが必要になります。
そうならない為にも1社より2社に分散して保険に加入しておけば、解約したとしても慌てる必要はありません。
保険会社を選ぶ際には、このソルベンシーマージン比率で会社の経営状態を知る事も重要だと言われていますが、確かにある程度の経営状態が分かるとは言え、この比率が保険会社を判断する全ての材料だと捉えるのは不適切とも言えます。
ソルベンシーマージン比率は、あくまでも目安として捉えるようにしましょう。
生命保険会社の支払余力(ソルベンシーマージン)

となかなか小難しい話しになってしまいましたが、要するに保険に入る場合は保険会社も含めてきちんと選ばなくではならないということです。
その際に有効なのが、FP(ファイナンシャルプランナー)の存在ですね。
保険に加入するのはあなた自身ですので、きちんと専門家に相談した上で、自分にピッタリの保険を見つけましょう。
無料でFPが相談に応じてくれるところを紹介しておきます。興味がある方はどうぞ。
保険 比較

by | Categories: 未分類 | No Comments